私たちとは

私たちとは

288views

お久しぶりです。まりなです。生きてますw

 

 

 

先日された質問。

「どんなお仕事されているんですか?」

 

 

ここしばらく、気心の知れた人たちとだけ絡んでいたので、

この質問は、かなり久々だった。

 

 

大学時代から慣れ親しんだ「塾講師」というワードが、

反射的に口から飛び出した。

 

「塾講師で…」

 

 

 

 

 

ここで突如、戸惑いが生じた。

発音しているうちに、私の中に湧いた疑問。

 

 

- 「塾講師」でいいのか? -

 

 

 

塾講師ではあるのだけど、

今の自分にはどうもしっくりきていない、ということを今更ながら自覚。

 

 

ふと自分の日常を振り返ってみると、

 

カウンセラーになることもあるし、

監視員になることもあるし、

母親、、いや、そこまで大それたものにはなれないけれど、親戚のおばさんくらいになることもある。

 

 

 

塾講師 =「勉強を教える」になるならば、

そんなシンプルな言葉では表せない。

 

 

かといって、目の前の初対面の彼は

そこまで深い回答を求めているのだろうか、、、

 

 

いや、そうじゃないだろう。

 

 

 

だから私は

「で…」 の後に、すぐさま「す!」をつけて完結させてみた。

 

 

謎すぎる「す」の強調に、

その人は微妙な表情を浮かべていた。

 

だからとりあえず、意味深な笑みで返しておいた。

 

 

 

 

 

 

 

私たちの職業って、一体何なんでしょうね。

 

 

てかそもそもこれって、

決めるのは、私たちじゃないんじゃないでしょうかね。

 

 

UTUWAに関わった人たちに聞いてみたい。

 

 

あなたにとっての私たちとは、何ですか?

 

私たちはちゃんと、

あなたの役に立つことができていますか?

 

 

 

 

生徒の数だけ、私たちのカタチがあったなら、

それが一番いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の天気は曇りだって聞いてたのに、

ちょこちょこおひさまが顔を出す。

 

あの子の1歩をお祝いしたいかのように。

 

カテゴリー

アーカイブ