「最高」と「未熟」は矛盾しない

「最高」と「未熟」は矛盾しない

219views

お世辞でもなんでもなく、はっきり言って、

UTUWAで一緒に働いている仲間はほんとにいいやつばかりだ。

(誤った日本語の使用が許されるなら、)最高すぎる。

それぞれが個性に溢れていて、誰一人として欠くことのできない存在だ。

 

 

 

それでいて、非常に未熟だ。あまりに未熟。

挨拶すらろくにできない。約束を平気で破ることも。計画性なさすぎ。

そのへんの企業を就職面接に行ったら、

全員不採用になるんじゃないかってくらいレベルが低い。

(岡本も含む。)

 

 

でも、最高な存在。

 

 

 

そういう話をすると不思議がられることもあるけど、

そこには何の矛盾もなくて、

仕事ができないことと、その人の人間性にはまったく相関関係がない。

 

 

才能がある、能力が高い、頭がいい、センスがある、

だから、人として素晴らしい、のではない。

もうすでに、いまのままで最高な存在なわけだ。

 

そのうえで、できないこと、未熟なことを

周りが指摘したり本人が受け止めればいい。

(ちなみに、できないことも未熟であることもネガティブなことではない。)

 

 

僕らが集まって仕事をする理由は、

UTUWAという「子どもたちが幸せを実現するための準備場」をつくるためで、

その実現のためには、今の僕らのレベルでは不可能、

だからできないことや未熟さを自覚して、みんなで成長したいと思っている。

 

 

 

 

そんな最高でいて未熟な仲間たちですので、

ぜひぜひアドバイスやフィードバックを頂きたい、

そのお声でさらに僕たちは成長することができて、

皆さんに還元できることが増える。

ご自身のお子さんのために、ぜひとも積極的な働きかけをお願い致します。

 

UTUWAは、

僕らと子どもたち、そして親御さんたちで創り上げるものでありたい。

 

 

それが今日の保護者会で最も言いたかったことの1つだ。

どうぞ皆さま、よろしくお願い致します。

 

 

また中身のない記事を書いてしまった岡本でした。

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ