追悼(岡本)

追悼(岡本)

262views

岡本が何年も前から足しげく通う喫茶店がある。

美味しい珈琲、細部の装飾にまでこだわった素敵で居心地のよい空間…。

それも確かに魅力の1つではあるが、

岡本は他の常連さんたち同様、そこのマスターに会いたいがために、

多いときは週6日、カウンターに腰かけていた。

 

人間としても経営者としても非常に優れていらっしゃって、

日常のこと、人付き合いのこと、仕事のこと、経営のこと、人生のこと…。

時間があれば隣に来られて、ときには店を閉めてからも時間をご一緒して、

たくさんの気づきやアドバイスを岡本に与えてくれた。

「よせやい、俺なんか目指してもしょうがないだろ」

岡本が師匠と呼ぶたびにそう返すマスターの笑顔は本当に素敵で…

岡本もいつかあんな風に笑えるようになるのだろうか、

それにはどれほどの辛さや悲しみを背負えばいいのだろうか。

触れるたびにいつも岡本を魅了し悩ませたその笑顔を、

もう見ることができないなんて。

 

 

昨日、師匠の訃報を聞いた。亡くなったのは6月13日だそう。

5月末から突然体調を崩し緊急入院、そのまま帰らぬ人となった。

「マスター、最近お見かけしませんけど、大丈夫ですか?」

少し前から、咳が激しくなっていたので心配はしていたけれど、

顔なじみの店員さんからの予想できない返答にたじろいだ。

 

お客さんには入院していることも知らせるな。

葬儀は家族だけでおこなう。

死んでも何事もなかったように、いつも通り店を営業しなさい。

お客さんや従業員と家族のように付き合っていたからこその

紛れもないマスターのご意向―、

それを伝え聞くうち岡本は涙を抑えることができなかった。

人前で涙を流すのはいつぶりだったろう。

 

 

人は悲しみすらも風化させてしまうので、

マスターから教わったそのすべてを、忘れないうちに記録しようと思うのだが、

今もなお、昨日の話をうまく咀嚼できないでいるせいで

今日はこれ以上、文字を運ぶことができない。

カテゴリー

アーカイブ